情報セキュリティマネジメント試験・CBT試験を受験した感想。合格体験記~受験するならここに注意・合格に必要な物~

2020年12月から、情報セキュリティマネジメント試験が、Prometric社で行われるようになりCBTで受験できるようになりました。

先日、スコアレポートでボーダーを超えましたので、さっそく合格体験記です。

情報セキュリティマネジメント試験・試験問題は漏らしてはダメ

ちなみに・・・・。試験問題を誰かに言ってしまうと天罰がくだります。Prometric社のサイトに試験問題を漏洩させるなよ、としっかり書かれています。

試験問題は非公開です。

受験者は受験にあたり、以下の事項に同意いただく必要があります。

同意いただけない場合は受験できません。

(1)試験問題の全部又は一部を第三者に開示(漏洩)しないこと  

(2)試験問題の全部又は一部を開示(漏洩)した場合、関係法令等に基づき損害賠償請求等の措置が取られること

Prometric社から引用

試験問題内容には触れず、受験した感想と、受験時の心がけを書きますね!

情報セキュリティマネジメント試験・CBT試験の感想

午前はふむふむという感じ

情報セキュリティマネジメント試験、CBTで受けた感想です。午前はふむふむという感じ。午前は紙の試験だろうが、CBTの試験だろうが特に違和感はありませんでした。

午後試験は受験しにくい

ページをめくったりするのは、紙のほうがしやすいな、と感じました。

時間がない!!

ともかく午後は時間がない!!!情報処理試験を受けた方はわかるかもしれませんが、午後の問題は一貫して時間がなくなる・・・。午前の分の時間を午後に振り分けてほしいくらいです。

午後は時間がないので、家でやるときは、過去問を参考に1問にかける時間をあらかじめ決めて、時間との闘いも視野にいれると良いでしょう。

午後は時間配分に注意する必要があります。CBTで長文を読みながら問題を解くのに慣れてないのも要因の一つと思います

情報セキュリティマネジメント試験・合格に必要な物

集中力を鍛えよ!

また、これ紙の試験だろうが、CBTの試験だろうが関係ないことを言ってます。集中力を鍛えてください。私のように試験中に「あー、頭はいらんなぁ。」とか「もう飽きちゃったなぁ」とかならないように集中力を鍛えましょう。

最後の最後まで粘り強く試験に臨む力があれば合格に近づけます。

受験後、10分足らずでスコアレポートが届く

受験した後、10分ほどで試験結果が届きます。Prometric社に登録しているメールアドレスに、スコアレポート表示用のアドレス、IDが届きます。

スコアレポート表示用のアドレスを開き、IDを入力すると、あらびっくり。先ほど受験していた情報セキュリティマネジメント試験の結果が点数で表示されます。

情報セキュリティマネジメント試験のボーダー

情報セキュリティマネジメント試験のボーダー、合格ラインは60点です。IPAが出している公式試験要綱(シラバス)に基準点が記載されています。

IPA公式サイト「試験要綱Ver4.6」より引用

60点以上取れていれば概ね合格なのではなかろうか。正式な合格発表と合格証書が届くのを待っています。

まとめ・合格したらやる気も出てくる

合格するとやる気も出てきます。次は何受けようかなぁ、とか次は何勉強しようかなぁ、とかw調子に乗り始めますので、合格は大事です。

合格するために、集中力を身につけて試験に臨みましょう。情報セキュリティマネジメント試験は、しっかりやれば合格できる資格です。CBTにより受験回数が今後増えていくでしょう。1回、2回、3回、、と受け続けて取りましょう!!

わたし、これやろうかと思ってます。Udemy。資格系の授業もあるんじゃないかなぁ。