【Diamond D】ブロンクス出身のD.I.T.Cのメンバーで凄腕プロデューサー。今も元気に活躍中

diamondd Diamond D
スポンサーリンク

Diamond Dはヒップホップとともにニューヨークのブロンクスで生まれた

Diamond Dは、90年代にもっとも活躍したヒップホップを代表する1人です。D.I.T.C(Dig in the Crates(餌箱を掘る))のメンバーとしてもその名を轟かせています。

1968年、ニューヨークはブロンクス出身です。まさにブロンクスが放火されまくって、戦争が起こったような街並みの中で生まれました。
その10年後に、同じ場所からグランドマスター・フラッシュや、クールハークらがヒップホップを作ったと思うと、とても印象深く感じます。

90年代に活躍したヒップホップのミュージシャンは途中で不運の死を遂げたり、俗にいう一発屋だったりと、2020年を迎えようとする今では、どこで何しているのかよくわかりません。

FacebookやTwitterで近況を発信するDiamond Dおじさん

しかし、このDiamond Dは、今も精力的に活動している珍しい一人です。ちょこちょこ来日して、ライブもしている様子です。おじさんがんばれ。

diamondd

※https://qetic.jp/music/diamondd-180126/276697/より引用

さらに、Diamond Dおじさんは、ツイッターやフェイスブックで近況を逐一報告しています。

Facebookでも

Diamond Dおじさんは頑張っています。

Diamond Dのおすすめのアルバム

いつものようにSpotifyの視聴を使って曲を紹介しようとしましたが、Spotifyにはありませんでした。ですので、おすすめのアルバムの紹介をしておきます。



このアルバムはファーストアルバムです。2000円くらいで買いました。

スチャダラパーのリミックスもいい

Diamond Dは、スチャダラパーの「サマージャム95」をリミックスしました。

ちなみに原曲はこれです。

Diamond Dがリミックスしたものと聞き比べてください。一気にオシャレ感が増した気がしませんか?これがDiamond Dかぁ、と聞き入ってしまう一曲になりました。
今でも精力的に活動しているDiamond D。彼の時代は90年代だけではありません。今後も目が離せません。

タイトルとURLをコピーしました