【Jeru the Damaja】有名なプロデューサーたちに囲まれて才能を開花。Jeruの曲のお勧め5曲紹介

Jeru the Damaj Jeru the Damaja
スポンサーリンク

Jeru the Damajaのお勧め5曲

下に公式サイトのディスコグラフィーを引用しています。その中に彼の曲がいくつか紹介されています。しかも全部好きな曲ばかりです。もちろん持ってます。

I’m the Man

この曲は、Gang Starrのアルバムに収録されています。Jeru the DamajaとグループホームのLil’ Dap、それとGang StarrのGuruの3人がマイクリレーをしている格好いい曲です。

Come Clean

Me or the Papes

下のディスコグラフィーには紹介されていませんが、自分がその他にお勧めするのはこの曲です。

You can’t stop the prophet

Ain’t The Devil’s Happy

Jeru the Damajaに関する切ない思い出

このアルバムを中学3年生か、高校1年生のときかに先輩から借りて、借りパクしようとしていました。そしたらとても怒られました。怒られました。当然ですね。

そして、その先輩にはちゃんとお返しして、大阪に出たときに真っ先に買ったアルバムです。

Jeru the Damajaのディスコグラフィーを公式サイトより引用

Jeru the Damaja (born Jeru Davis) aka D. Original Dirty Rotten Scoundrel was born and raised in the East New York section of Brooklyn where the everyday occurrences around him from an early age later became the source from which his rhymes flow.

Jeru created and took on the persona of “the Damaja” (because he damages the mic) that is part conscious truth teller and part true to the streets Brooklyn hard rock. Jeru hooked up with DJ Premiere and Guru, collectively known as Gangstarr, shortly after they moved to New York on the late 1980’s.

Jeru introduced his unique “hardcore conscious” style to hip-hop audiences on “I’m the Man” a track on Gangstarr’s 1992 Daily Operations album. In 1993 he cemented his place in the hip-hop world by releasing the now classic single “Come Clean” from his legendary album, The Sun Rises in the East.

The Wrath of the Math was released two years later which included the hit singles “Ya Playin’ Yaself” and “Me or the Papes” and Jeru was proclaimed one of the saviors of hip-hop due to his honest and straight forward critique of the state of hip-hop music.

In 2000 Jeru released Heroz 4 Hire completely autonomously, from the production of the album to its release on his independent label KnowSavage Records. Jeru’s second independent album Divine Design was released in 2004 and contained the new classics singles “WAR” and “Don’t Get it Twisted” featuring Lil’Dap from the Group Home.

Jeru’s third independent release Still Risin’ hit stores mid-2007. Taking his music to a new level by creating a style that is fusion of years of life experience translated into lyrical content set to rugged, real production.

Still Risin was a refreshing appeal to intellect from a real life, everyone can relate to point of view. In 2015 Jeru released his new EP The Hammer, with production form legendary producers, Large professor, Beatnuts, PF Cuttin and more, The Hammer promises to be a new hip hop classic Jeru has one of the most consistent tour schedules in hip hop and has performed extensively throughout the United States, Europe, South America, Asia and Africa. In between tours Jeru has done joint projects with Grammy nominated UK group Groove Armada, DJ Cut Killa, French actor Doudou Masta , and DJ Honda from Japan. He also worked with platinum Polish artist Slums Attack and O.S.T.R.

This collaboration garnered over four million views on youtube. Jeru has recently added Photographic artist to his resume and has had photographs in exhibitions New York and Berlin.

Jeru has also had songs on Tony Hawk’s Pro Skater 4, True Crime: New City , GTA IV and NBA 2K16 video games, as well as collaborating with OG Street skater Josh Kalis and DCshoes with the release of the JK7. last but not least, Jeru was also named on of the 50 Greatest Emcees in Kool Mo Dee’s book “There Is a God On the Mic” and is looking forward to continuing that legacy.

彼の公式サイトhttp://www.jeruthedamaja.com/bio.html から引用しました。

Jeru the Damaja:公式サイトのディスコグラフィを訳すとこうです。

Jeruは、ブルックリンのイーストニューヨーク地区で生まれ育ち、幼い頃から周りで起こっていた日常的な出来事が彼の歌詞(リリック)の元となっています。

Jeruは、1980年代後半にニューヨークに引っ越してきた後、DJ PremiereとGuru(総称してGangstarr)と契約しました。 Jeruは、Gangstarrが1992年に出したアルバムのトラック「I’m the Man」で、「ハードコアを意識した」スタイルをみんなに聞かせてました。

1993年に彼は伝説的なアルバム、「The Sun Rises in the East」からシングル「Come Clean」をリリースし、ヒップホップ界での地位を固めました。 ヒットシングル「Ya Playin ‘Yaself」「Me or the Papes」をリリースし、ヒップホップ界の救世主だと言われました。

2000年にJeruはレーベルKnowSavage Recordsで、制作からリリースまで完全に自分でやった「Heroz 4 Hire」をリリースしました。 また、「Divine Design」は2004年にリリースされ、グループホームのLil’Dapをフィーチャーした「WAR」「Don’t Get it Twisted」を収録しています。 「Still Risin」は、2007年半ばにリリースされました。

いろんなスタイルを入れていくことで、彼の音楽は新たなレベルに引き上げられました。 しかし、Risinは実生活から出た魅力的なもので、誰もがその視点に共感を覚えることができたのです。 2015年にJeruは「EP The Hammer」を発表しました。

伝説的プロデューサー、Large Professor、Beatnuts、PF Cuttinらが関わりました。 そのおかげあってか、「The Hammer」は新しいヒップホップの定番となったのです。

Jeruはツアースケジュールもこなしています。 アメリカ合衆国、ヨーロッパ、南アメリカ、アジアとアフリカの至る所でツアーを実行しました。 ツアーの合間に、Jeruはグラミー賞にノミネートされたイギリスのグループGroove Armada、DJ Cut Killa、フランスの俳優Doudou Masta、そして日本のDJ Hondaとの共同プロジェクトを行いました。 彼はまたポーランド人アーティストSlums AttackとO.ST.R.とも仕事をしました。このコラボレーションは、ユーチューブで400万を超える視聴となったのです。

Jeruは最近写真家を彼の履歴書に加え、ニューヨークとベルリンの展覧会で写真を撮ったりもしています。 JeruはTony Hawkの「Pro Skater 4」、「True Crime:New City」、「GTA IV」、「NBA 2K16」などビデオゲームの曲もリリースしています。 OG StreetのスケーターJosh KalisやDCshoesとのコラボレーションも行っています。 最後に、JeruはKool Mo Deeの著書「Micには神がいる」で50人のGreatest Emceesにも指名されています。

タイトルとURLをコピーしました