【Mobb Deep】東海岸の暗くてハードコアなラップが特徴。彼らのおすすめのアルバムはこれしかない!その中から厳選の4曲。

Mobb Deep

Mobb Deepはニューヨーク州クイーンズ出身のヒップホップ2人組です。

  • Kejuan Waliek Muchita (1974年5月21日生まれ)通称 Havoc
  • Albert Johnson (1974年11月2日生まれ)通称 Prodigy

両人ともにラッパーです。

出会いは学校

HavocとProdigyマンハッタンの学校で学んでいた最中に出会いました。
1991年に、「Poetical Prophets」(詩の預言??中二病の香りが漂います。)名前で活動を始め、テープを作り始めました。彼らは作ったでもテープをレコードレーベル会社にもっていき、そこに所属するであろうアーティストらに片っ端から音楽を聴いてもらっていました。

A Tribe Called QuestのQ-Tipとの出会い

デモテープをレコード会社の人たちに聞かせまくっていた様子が、A Tribe Called QuestのQ-Tipの目に留まりました。彼らの才能と熱意に打たれたかどうかは明らかではありませんが、Q-TipはMobb Deepの二人をレコード会社の人たちに紹介しました。

Prodigyは、当時を振り返り「Q-TipはDef Jamに関わる人々を数多く紹介してくれました。」その後、ProdigyがソロとしてJive Recordsと契約しました。

あれ?クレジットに名前がない?

ミュージシャンとして活動を始めた彼らは、『Boyz n theHood』のサウンドトラックでHi-Fiveの曲でクレジットに名前がないのにショックを受けました。もともとJive RecordsはPoetical Prophets(Mobb Deepの前身)とは契約していなかったので仕方がなかったのですが・・・・。

皮肉にもこのごたごた騒動が逆に宣伝として効果を発揮し、広く知られるようになりました。

Mobb Deep誕生

Jive Recordsとのごたごた騒動の翌年、彼らはユニット名を「Mobb Deep」に変え4th&B’way Recordsと契約しました。そこから「Juvenile Hell」をリリースし、シングルカット版としても「PeerPressure」をリリースしました。


Mobb Deepのおすすめのアルバム

Mobb Deepのおすすめのアルバムは「The Infamous」です。このアルバムは本当に捨て曲がないほど好きです。かっこいい。ギャングスタラップ色が濃いのですが、リズムといい音といいすべてがカッコよい。本当におすすめのアルバムです。

Mobb Deepのおすすめの曲

「The Infamous」には捨て曲がありません。全部紹介したいほど好きなのですが、ここは我慢して4曲のみ紹介します。

The Start of Ending

Temperature’s Rising

Up North Trip

Party Over

まとめ・Mobb Deepとの思い出

Mobb Deepのレコードは高校受験をしに行ったときです。JRの空き時間があったので、先生に許可をもらってレコード屋さんに駆け込んだのを覚えています。その時にかったアルバムが先ほど紹介した「The Infamous」です。今聞いてもかっこいい。まさに名盤です。