【House of Pain】ヒップホップから、ミクスチャーロックにつながる音楽をならHouse Of Pain。彼らの曲はこれだけ聞いていれば良い

House of Pain House Of Pain
スポンサーリンク

House of Pain(ハウスオブペイン)は、3人組ヒップホップグループです。彼らははっきり言って一発屋です。代表的な曲が「Jump Around」しかないのです。

彼らと言えば「Jump Around」。はい、おしまい。

・・・というわけにもいかないので、適当に書いていきます。

House of Pain(ハウスオブペイン)

・Everlast(Erik Francis Schrody (1969年8月18日生まれ))

・DJ Lethal(Leor Dimant (1972年12月18日))

・Danny Boy(Daniel O’Connor (1968年12月2日生まれ))

House Of Painは高校時代に結成された

高校時代、3人でHouse Of Painを結成しました。結成してからとんとん拍子で、Tommy Boy Recordと契約を結びます。

1992年には、デビューアルバム『House Of Pain』をリリースし、その中の収録曲『Jump Around』が大ヒットしました。

『Jump Around』はピートロックが2回もリミックスし、さらなる人気を呼びました。

さまざまな人とコラボ・悪そうな人たちから好かれる

House Of Painの曲は「Jump Around」だけだといいました。それは本当なのですが、彼らの素晴らしいところは、さまざまな人とコラボしていることです。

  • 「House Of Pain」の「Pass Your Head Out」ではCypress HillのB-Realをフィーチャー
  • 「House and the Rising Son」でFunkdoobiestのSon Doobieをフィーチャー
  • ラップ、ロックバンドとのツアー参加

アイルランド系アメリカ人のちょっと悪そうな人たちがHouse Of Painをよく聞いていたようです。悪そうなやつはだいたい友達、なんでしょう。

ヒップホップとロックを人、音楽ともにつなげたHouse Of Pain。DJのDJ Lethalは、のちにLimp Bizkitのメンバーとして活躍していきます。

House Of Painのおすすめの曲

一曲しかないのでこれです。

続いてこちら。PeteRockのリミックスです。

聞いたことないから今から聞く

タイトルとURLをコピーしました