ヒップホップでサンプリングしたい。サンプリングして、音楽を制作するのは、著作権違反にあたるのか?

chosakuken 著作権
スポンサーリンク

ヒップホップの事を話そうとすると、切っても切れないのがサンプリングです。ある音楽の1フレーズを使って新しいリズムや新しいフレーズを作り出すことです。

ちょっと待ってください。このサンプリングって実は違法じゃないのか?ってことで書きました。

結論:サンプリングして音楽を制作したら違法です

結論から言います。楽曲許諾申請をせずに勝手にサンプリングして自分の作った音楽として利用するのは、違法です。著作権を侵害しています。

注意:サンプリングとは・・・・
サンプリングとは、ヒップホップなど音楽を作るときに使われる方法の一つです。今まで出された膨大な音楽の中から、ある1フレーズ(何秒間とか)を抜き出して自分の音楽に組み込むものです。

音楽ものには著作権と、著作隣接権の2つにわけられる

音楽を作ろう、流そう、ネットにあげよう、とするときに良いとおもった音楽データには、2つの権利があります。著作権と著作隣接権です。

著作権(著作者の権利)とは?

著作権とは、「著作者の権利」です。JASRACではこのように定義されています。

著作権法では、著作物を「思想又は感情を」「創作物に」「表現したもの」で、「文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」と定義しています。音楽の著作物には、曲のほかに歌詞も含まれ、また、録音や記譜されている必要はなく、即興演奏のような形で表現されたものも著作物です。

この著作権(著作者の権利)は出願や登録の必要がありません。作った時点でその人のもの、となるのです。

著作隣接権とは?

楽曲などには著作権の他に、著作隣接権があります。この著作隣接権とは音楽の演奏家などを指します。
作詞・作曲した人(著作者)ではなく、曲のレコーディングに携わったギタリストやベーシスト、ピアニストなどなどバンドマンたちを指すことが一般的なようです。
このように楽曲を扱うときに注意しなければならないものに著作権と著作隣接権があります。

勝手にサンプリングをすると著作権・著作隣接権を侵害する

ヒップホップの曲を作ろうとするときに行われるサンプリングは、元ネタの著作権・著作隣接権を侵害することになります。
よく1フレーズならOKとか、4秒以内ならOKとかサンプリングする人たちは言い合っていたようですが、全くのウソです。
1秒でも勝手に元ネタをサンプリングしてしまうと著作権・著作隣接権を侵害することになります。

単純な部分でのサンプリングは良いようだ?!

あのビースティボーイズが訴えられましたw
ビースティボーイズは、ある有名なジャズ・ミュージシャンのジェームズ・ニュートンのフレーズを利用して訴えられたのです。
ライセンス契約はしていたけど、著作権はのニュートンの許可を得てなかったために裁判になりました。

しかし裁判の結果は、ビースティーの勝訴です。なぜならビースティがサンプリングした部分は「創作性がない」部分だと判断されたからです。
著作権は、著作物を「思想又は感情を」「創作物に表現した」ときに生まれるので、あんまこれ意味ないよなー、って部分は著作権を主張しても認められないようです。

著作権等侵害罪は非親告罪になった

著作権侵害罪は親告によるものだったのですが、2018年の法改正により一部非親告罪になりました。

非親告罪となるのは、次の場合です。
1、金儲けに使う
2、原作のまま譲る、ネットで配信、またはコピー
3、原作のまま譲られたり、ネットで配信されたりすると著作者の利益が害される場合

要は海賊版をを販売したりネットで配信すると、非親告罪でそのままお縄につくことになります。
コミケなどでの2次創作物は、非親告罪化の対象とはならず、従来通り親告罪のままみたいですね。
音楽にあてはめても、同じことが言え、サンプリングどころかレコード1枚まるまる流すなどしてお金を稼ぐときは、非親告罪でお縄です。

これは気を付けておかないと知らずにYouTubeなどで新曲を流したら、非親告罪になります。知っておきましょう。

これからもネットで音楽を楽しむために、このあたりのことを今後も書いていきます。

併せてこちらもどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました